賢く不動産投資をする方法|優秀な管理会社のサポートでマンション投資を成功させる

優秀な管理会社のサポートでマンション投資を成功させる

賢く不動産投資をする方法

オフィス

メリットはリスクの軽減

不動産投資を行う場合、マンション丸々1棟に投資するという方法があります。マンション丸々1棟に投資するメリットは、収益物件を数多く所有できることです。現在、不動産投資で主流となるのが、家賃収入を得る方法です。家賃収入は安定した収入源となりますから、魅力的であり、それ故に主流となっています。ただ、安定した家賃収入を得るためには、当然、常に借主が存在している必要があります。しかし、収益物件が1つだと、常に借主が存在しているとは限らない状況です。従って、収益物件を複数所有することがベターなのです。しかし、収益物件を複数、個々に購入すること、そして、それらを個々に管理することは非常に大変なことです。その点、マンション丸々1棟ならば、まとめて複数の収益物件を購入することができますし、それらの管理も比較的楽です。従って、マンション丸々1棟所有することは、とても賢い不動産投資なのです。

古くても人気は得られる

さて、投資マンションを何にすれば良いのかということになりますが、重視すべきは立地条件でしょう。好立地ならば古くても人気がありますから、投資マンションに相応しいと言えます。但し、好立地でも、あまりにも古いと投資マンションに相応しいのか判断が難しいところです。ただ、あまりにも古くても、リノベーションが可能なマンションならば、投資マンションに相応しいと言えるでしょう。リノベーションとは、間取り等を変更する大規模な改修工事です。リノベーションを行えば、室内は新築同様の現代的な様相となります。従って、リノベーションをしたマンションの家賃は、新築よりも少し安いぐらいの高い家賃に設定できるのです。新築同様でありながらも、新築よりも安い家賃ならば、借主にとっても大きなメリットです。従って、リノベーションをしたマンションは、非常に高い人気です。ですから、立地条件の良いマンションをリノベーションすることがベストだと言えます。